マイクロプラスチック汚染問題と生分解性プラスチックの技術動向

マイクロプラスチック汚染問題と生分解性プラスチックの技術動向

先端技術情報や市場情報を提供している(株)シーエムシー・リサーチでは、 各種材料・化学品などの市場動向・技術動向のセミナーや書籍発行を行っておりますが、 このたび「マイクロプラスチック汚染問題と生分解性プラスチックの技術動向」と題するセミナーを、 講師に粕谷 健一 氏(群馬大学 理工学府 分子科学部門 教授 博士(工学))をお迎えし、2019年8月21日(水)13:30より、 『ちよだプラットフォームスクエア』5階503会議室(千代田区錦町)で開催いたします。

受講料は、 一般:48,000円(税込)、 弊社メルマガ会員:43,000円(税込)、 アカデミック価格は25,000円となっております(資料付)。 セミナーの詳細とお申し込みは、 弊社の以下URLをご覧ください!

https://cmcre.com/archives/47919/ 質疑応答の時間もございますので、 是非奮ってご参加ください。

生分解性プラスチックは、海洋へのプラスチックの環境拡散問題の解決策の一つとして注目を集めています。一方で、生分解性プラスチックを汎用プラスチックの代替とするには、いくつかのブレイクスルーが必要です。

本講演では、海洋プラスチックゴミ問題を概観しながら、海洋での生分解性プラスチックの成立要件と問題点を挙げ、これらの問題点を克服するためのプラスチックの「時限」生分解性について解説し、現在当研究グループで取り組んでいる研究事例を紹介します。

1)セミナーテーマ及び開催日時
テーマ:マイクロプラスチック汚染問題と生分解性プラスチックの技術動向
開催日時:2019年8月21日(水)13:30~16:30
会 場:ちよだプラットフォームスクウェア 5F 503
   〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-21
参 加 費:48,000円(税込) ※ 資料付
   * メルマガ登録者は 43,000円(税込)
   * アカデミック価格は 25,000円(税込)
講 師: 粕谷 健一 氏  群馬大学 理工学府 分子科学部門 教授 博士(工学)

【セミナーで得られる知識】
海洋プラスチックごみを取り巻く社会情勢
生分解性プラスチックの設計要件
海洋生分解性プラスチックの分子設計の実際

マイクロプラスチック汚染問題と生分解性プラスチックの技術動向

20198/21

1:30 午後-4:30 午後



  





メッセージ投稿のお願い

イベント後の感想はもちろん、開催前の期待を込めた応援メッセージの投稿をお待ちしています。お名前、メールアドレスは匿名でも構いません。
(※投稿の掲載可否は運営が判断しています)

さわかみ財団
SCP
海と日本
ASJ
jsca
エスセンス